トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

真夏の5月 日傘が咲く 富山県内 今年初30度超え

日傘や薄手の服装で暑さをしのぐ通行人たち=20日午後、富山駅前で

写真

 高気圧に覆われた富山県内は二十日、富山市など四観測地点で最高気温が三〇度を超え、今年初めての真夏日となった。気温は各地で七月上旬から下旬並みまで上がり、今年一番の暑さになった。

 富山地方気象台によると、南から暖かくて強い風が山を越えて吹き込み、フェーン現象の影響で気温が上昇した。富山市で三一・〇度、富山空港(秋ケ島)で三〇・八度、高岡市伏木で三〇・四度、上市町で三〇・一度を記録。その他の観測地点でも二五度を上回り、夏日となった。富山市の富山駅前では、通行人が薄手の服装や腕まくり、日傘で暑さをしのぎながら行き交っていた。

 気象台によると、二十一日の最高気温は県東部が二六度、西部が二五度で六月下旬から七月上旬並みを見込む。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索