トップ > 北陸中日新聞から > 北陸発 > 記事

ここから本文

北陸発

生け花 かわいくできた 四季の花協会展で体験

生け花を体験する子どもたち=18日、金沢市武蔵町のめいてつ・エムザで(石橋克郎撮影)

写真

 金沢市武蔵町のめいてつ・エムザ八階催事場で開かれている「第三十回記念いしかわ四季の花協会展」(石川四季の花協会、北陸中日新聞、石川テレビ放送主催)で十八日、子ども生け花無料体験があり、幼児や小学生らが思い思いに花を生けた。

 小原(おはら)流の六人が講師を務め、花の切り方、生け方を教えた。参加者はヒマワリや、桃色、白色のサポナリアといった愛らしい花に、テマリソウ、ナルコユリなどの緑色の素材を好きなように組み合わせた。

 元尾美咲子(みさこ)ちゃん(3つ)=金沢市=は、完成した生け花を見て「かわいい」と満面の笑み。小学三年武田千愛(ひより)さん(8つ)=石川県小松市=も「食卓に飾る。生け花をしているおばあちゃんに見せたい」とうれしそうに話した。無料体験は十九日も午前十一時〜正午と午後二〜三時の二回に各十五人限定で開く。

 会場では十八日から後期展示が始まった。大作八点と「時代」をテーマにした中作六点を除く約百点が入れ替わった。二十日まで。

 入場料は一般七百円、中学生以下は無料。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索