トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > スポットライト > 記事

ここから本文

スポットライト

リーダーズバンド 合同演奏もうすぐ本番

練習(れんしゅう)に取(と)り組(く)む加賀市(かがし)中学校リーダーズバンドのメンバー=石川県(いしかわけん)加賀市で

写真

 石川県加賀市内(いしかわけんかがしない)の中学校吹奏楽部(すいそうがくぶ)に所属(しょぞく)する二年生が中心(ちゅうしん)になり、昨年(さくねん)十一月、「市中学校リーダーズバンド」が活動(かつどう)を始(はじ)めました。二十七人が月一〜二回練習会(かいれんしゅうかい)に集(あつ)まり、サウンドトレーニングや楽曲(がっきょく)の練習に取(と)り組(く)んでいます。

 学校の垣根(かきね)を越(こ)えて意欲(いよく)や技術(ぎじゅつ)を高(たか)め合(あ)い、メンバーがそれぞれの学校の練習に還元(かんげん)することで、市全体(しぜんたい)の吹奏楽をレベルアップしようと、複数(ふくすう)の顧問(こもん)の呼(よ)び掛(か)けで結成(けっせい)されました。今月十七日に市文化会館(ぶんかかいかん)で開(ひら)かれる「カモナホールミュージックフェスティバル」で初(はつ)ステージを踏(ふ)みます。

 二月下旬(げじゅん)に開かれた練習会には、共演(きょうえん)するプロの演奏家(えんそうか)も参加(さんか)しました。パートごとに練習した後(あと)、全体で音合わせ。「もっと音と対話(たいわ)して」「ドラマチックに」。指揮者(しきしゃ)から指示(しじ)が飛(と)ぶ中、全員(ぜんいん)が真剣(しんけん)な表情(ひょうじょう)で練習に励(はげ)みました。

 終了後(しゅうりょうご)はメンバー同士(どうし)でおしゃべりし、すっかり打(う)ち解(と)けた様子(ようす)でした。片山津(かたやまづ)中二年の小村笑舞(こむらえま)さんは「大勢(おおぜい)で演奏できるので楽(たの)しい」と笑顔(えがお)。山代(やましろ)中二年の上野晴喜(うえのはるき)さんは「本番(ほんばん)では、お客(きゃく)さんも自分(じぶん)たちも楽しい演奏をしたい」と話(はな)していました。 (小室亜希子(こむろあきこ))

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索