トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】 多視点で実習振り返り

 石川県七尾市(いしかわけんななおし)の田鶴浜高校(たつるはまこうこう)に看護実習(かんごじっしゅう)の様子(ようす)を多方向(たほうこう)から撮影(さつえい)し、複数(ふくすう)の視点(してん)から振(ふ)り返(かえ)りができる学習支援(がくしゅうしえん)システムが導入(どうにゅう)されました。看護の学科(がっか)を置(お)く全国(ぜんこく)の高校では初(はじ)めての導入だそうです。

◇監修(かんしゅう) 松坂浩一郎〈まつざかこういちろう=NIE(エヌアイイー)コーディネーター〉

◇掲載(けいさい)  9月20日能登面(のとめん)

新学習(しんがくしゅう)システム(右奥(みぎおく))の映像(えいぞう)を見て気付(きづ)いた点(てん)を話(はな)し合(あ)う生徒(せいと)ら=石川県七尾市(いしかわけんななおし)の田鶴浜高校(たつるはまこうこう)で

写真

【参考(さんこう)の記事(きじ)】

 看護実習(かんごじっしゅう)の様子(ようす)をカメラ三台(だい)で同時(どうじ)に多方向(たほうこう)から撮影(さつえい)し、複数(ふくすう)の視点(してん)から振(ふ)り返(かえ)りができる学習支援(がくしゅうしえん)システムが、七尾市(ななおし)の田鶴浜高校(たつるはまこうこう)に導入(どうにゅう)された。同校(どうこう)によると、看護に関(かん)する学科(がっか)を置(お)く全国(ぜんこく)の高校の中で、導入は初(はじ)めて。学校関係者(がっこうかんけいしゃ)は「看護の実践力(じっせんりょく)が高(たか)められる」と期待(きたい)している。

 「スキルスアルバム」と呼(よ)ばれるシステム。同校では看護実習の際(さい)に使(つか)う。実習後(ご)に高齢(こうれい)者と看護師(し)、第三者(だいさんしゃ)の三視点から振り返りを行(おこな)い、看護の実践力を養(やしな)う。

 同校の庄藤智恵美教諭(しょうどうちえみきょうゆ)が昨年(さくねん)、研修(けんしゅう)の場(ば)でシステムを知(し)った。以前(いぜん)は、生徒(せいと)がビデオやiPad(アイパッド)で録画(ろくが)した映像(えいぞう)を見ながら、振り返りをしていた。システムの導入で庄藤教諭は「よりリアルに近(ちか)い映像で振り返られるほか、生徒も無意識(むいしき)の行動(こうどう)に気付(きづ)ける」と説明(せつめい)する。

 (九月)十九日は、新(しん)システムを使った授業(じゅぎょう)が行われ、衛生(えいせい)看護科(か)の二年生二十人が出席(しゅっせき)。腰痛(ようつう)で加療中(かりょうちゅう)の高齢女性(じょせい)を看護するとの設定(せってい)で、事前(じぜん)に教諭らが校内(こうない)で撮影したビデオが放映(ほうえい)された。生徒は、高齢者や看護師らの視点から映像を見て、「高齢者はずっと床(ゆか)を見ている」「声(こえ)を掛(か)けても振り向(む)くまでに時間(じかん)がかかる」などと気付(きづ)いた点(てん)を発表(はっぴょう)した。

 沢田由真(さわだゆま)さん(17)は「高齢者がこんなに下を見ているのかと。歩(ある)くのも想像以上(そうぞういじょう)にゆっくりだった」と驚(おどろ)いた様子。十月から七尾市内の病院(びょういん)で二週間(しゅうかん)実習を行う。「高齢者の特徴(とくちょう)を知って、よりよい看護をしたい」と意気込(いきご)みを語(かた)った。

〜小学校中学年以上(いじょう)〜

 田鶴浜高校(たつるはまこうこう)が看護実習(かんごじっしゅう)に役立(やくだ)てるために導入(どうにゅう)した学習支援(がくしゅうしえん)システムについて知(し)ろう。

写真
写真

…「新聞わーくシート」を募(つの)ります…

 「このニュース面白(おもしろ)いな」「もっと多くの人に知ってほしい」−。そんなふうに感(かん)じる記事(きじ)を見つけたら、わーくシートにしてみませんか。

 ポイントは(1)必(かなら)ず、記事や写真(しゃしん)に答えやヒントがあるものを選(えら)ぶ(2)選択肢(せんたくし)には必ず正解(せいかい)を一つ入れ、ほかの二つは明らかに間違(まちが)っていたり、間違いやすかったりする答えを記す(3)場所(ばしょ)を知ってほしいときは、地図を活用する−の3点。

 あて先は解答(かいとう)の送(おく)り先と同じ。採用(さいよう)された場合(ばあい)、図書カードを差(さ)し上げます。

【解答(かいとう)】基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)c (3)b ▽発展(はってん)問題(1)a (2)b ▽9月22日の発展(はってん)問題(2)の答(こた)えは(a、a)です。

発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載日(けいさいび)を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは10月12日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索