トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】尾崎豊さんの功績知って 愛用していたピアノお披露目

尾崎豊(おざきゆたか)さんが愛用(あいよう)したピアノと須藤晃芸術監督(すどうあきらげいじゅつかんとく)=富山県富山市呉羽町(とやまけんとやましくれはまち)の市民芸術創造(しみんげいじゅつそうぞう)センターで

写真

 富山市内(とやましない)に二十七年前に亡くなったシンガー・ソングライター、尾崎豊(おざきゆたか)さんが愛用(あいよう)したピアノがあります。どんなピアノでしょうか。

 ■掲載(けいさい) 3月1日社会面(しゃかいめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 一九八〇年代(ねんだい)から九〇年代初(はじ)めにかけて活躍(かつやく)し、若者(わかもの)らに人気を誇(ほこ)ったシンガー・ソングライター、故尾崎豊(こおざきゆたか)さんが生前(せいぜん)、愛用(あいよう)したピアノが富山市民芸術創造(とやましみんげいじゅつそうぞう)センター(同市呉羽町(どうしくれはまち))で常時展示(じょうじてんじ)されることになり、(二月)二十八日、お披露目式(ひろめしき)があった。

 尾崎さんは、シングル「15の夜(よる)」でデビューし、若者の感情(かんじょう)をストレートに表現(ひょうげん)した歌詞(かし)で、カリスマ的存在(てきそんざい)となった。九二年に二十六歳(さい)の若(わか)さで急逝(きゅうせい)したが、今(いま)なお若者の代弁者(だいべんしゃ)として影響(えいきょう)を与(あた)え続(つづ)ける。

 披露(ひろう)されたのは、尾崎さんが十八歳のころから使用(しよう)していたKAWAI製(カワイせい)のアップライトピアノ。富山市民文化事業団(しみんぶんかじぎょうだん)の須藤晃(すどうあきら)芸術監督(かんとく)(66)=富山県射水市出身(けんいみずししゅっしん)=が尾崎さんの死後(しご)、遺族(いぞく)の依頼(いらい)で管理(かんり)していたが、尾崎さんの功績(こうせき)を知(し)ってほしいと、事業団への寄贈(きぞう)を遺族に提案(ていあん)し、了承(りょうしょう)を得(え)て寄贈されることになった。

 式には須藤さんや森雅志(もりまさし)富山市長(しちょう)が出席(しゅっせき)。ピアノは一階(かい)ロビーに置(お)かれ、尾崎さんの写真(しゃしん)パネルや造形作家清河北斗(ぞうけいさっかきよかわほくと)さん(同(どう)県黒部(くろべ)市在住(ざいじゅう))が制作(せいさく)した尾崎さん像(ぞう)も飾(かざ)られている。弾(ひ)いたり、触(さわ)ったりはできない。

 須藤さんは「生(い)きることに誠実(せいじつ)で、生きざまが衝撃(しょうげき)的だった。ここに来(く)る子どもたちに何(なに)かの刺激(しげき)を受(う)けてほしい」と話(はな)した。市民芸術創造センターは、音楽(おんがく)や演劇(えんげき)などの創作練習専用(そうさくれんしゅうせんよう)の施設(しせつ)で、年間(ねんかん)二十三万(まん)人が世代(せだい)を超(こ)えて利用(りよう)している。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)尾崎豊(おざきゆたか)さんのデビューシングルのタイトルは何(なん)ですか。

 a 15の恋(こい)

 b 15の夜(よる)

 c 15の春(はる)

(2)富山市民芸術創造(とやましみんげいじゅつそうぞう)センターはどんな施設(しせつ)ですか。

 a 音楽(おんがく)や演劇(えんげき)などの創作練習専用(そうさくれんしゅうせんよう)の施設

 b 現代美術作品(げんだいびじゅつさくひん)を展示(てんじ)するための施設

 c ライブやコンサートを開(ひら)くための施設

(3)富山市民芸術創造センターはどのような人が利用(りよう)していますか。

 a 主(おも)に高齢者(こうれいしゃ)

 b 主に学生(がくせい)

 c いろいろな年齢層(ねんれいそう)

発展問題にチャレンジ

(1)尾崎豊(おざきゆたか)さんが愛用(あいよう)していたピアノを管理(かんり)していたのは誰(だれ)ですか。

 a 尾崎さんの遺族(いぞく)

 b 須藤晃(すどうあきら)さん

 c レコード会社(がいしゃ)

(2)人々(ひとびと)の心(こころ)をひきつけるような強(つよ)い魅力(みりょく)を持(も)つ人を何(なん)と言(い)いますか。文中(ぶんちゅう)から見つけましょう。

  [      ]

(3)一九九二年に亡(な)くなった尾崎豊さんが、若者(わかもの)の代弁者(だいべんしゃ)として今(いま)も知(し)られるのはどんな理由(りゆう)が考(かんが)えられますか。

 a はつらつと快活(かいかつ)な若者らしい歌(うた)を作(つく)っていたから。

 b 社会(しゃかい)への疑問(ぎもん)や反支配(はんしはい)の感情(かんじょう)を歌にしていたから。

 c 日本の伝統的(でんとうてき)な美(うつく)しさを歌に織(お)り込(こ)んでいたから。

小学校中学年以上(いじょう)

 27年前(ねんまえ)に若(わか)くして亡(な)くなったシンガー・ソングライター、尾崎豊(おざきゆたか)さん愛用(あいよう)のピアノについて知(し)ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載日(けいさいび)を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは4月6日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)a (3)c ▽発展(はってん)問題(1)b (2)[カリスマ]▽3月17日の発展問題の答(こた)えは[ジビエ]です。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索