トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】雪への備え始まる

(右)名木(めいぼく)「唐崎松(からさきのまつ)」に施(ほどこ)される雪(ゆき)つり=石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)の兼六園(けんろくえん)で (左)消雪装置(しょうせつそうち)を点検(てんけん)する作業員(さぎょういん)=金沢市内(しない)で

写真

 本格的(ほんかくてき)な冬(ふゆ)を前(まえ)に、石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)では、雪(ゆき)に備(そな)えた対策(たいさく)が始(はじ)まっています。記事(きじ)を読(よ)んでみましょう。

 ■掲載(けいさい) 11月2日朝刊社会面(ちょうかんしゃかいめん)(石川向(いしかわむ)け)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 日本三名園(めいえん)の一つ、金沢市(かなざわし)の兼六園(けんろくえん)で(十一月)一日、雪(ゆき)の重(おも)みから樹木(じゅもく)を守(まも)るために枝(えだ)に縄(なわ)を張(は)る「雪(ゆき)つり」の作業(さぎょう)が始(はじ)まった。秋晴(あきば)れの下(もと)、一足早(ひとあしはや)い冬支度(ふゆじたく)を進(すす)める庭師(にわし)らの妙技(みょうぎ)に、来園者(らいえんしゃ)は足を止(と)めて見入(みい)った。

 例年(れいねん)は高(たか)さ九メートルで園内随一(えんないずいいち)の枝ぶりを誇(ほこ)る「唐崎松(からさきのまつ)」から始めるが、明(あ)け方(がた)までの雨で足元(あしもと)が滑(すべ)りやすいため、近(ちか)くの高さ三メートルのアカマツから取(と)り掛(か)かった。庭師と造園業者(ぞうえんぎょうしゃ)の十四人が、幹(みき)に沿(そ)って芯柱(しんばしら)を立てて木に登(のぼ)り、先端(せんたん)から百本の縄を放射状(ほうしゃじょう)に垂(た)らして枝に結(むす)んだ。昼前(ひるまえ)からは唐崎松の雪つりも始まった。

 周囲(しゅうい)では観光客(かんこうきゃく)が様子(ようす)を見守(みまも)り、スマートフォンやカメラを向(む)けた。和歌山県有田川町(わかやまけんありだがわちょう)の大学生大江杏奈(おおえあんな)さん(24)は「高いところに登って大変(たいへん)そうだけど、クリスマスツリーみたいできれい」と話(はな)した。作業は十二月中旬(ちゅうじゅん)まで続(つづ)き、約(やく)八百カ所(かしょ)に施(ほどこ)す。

    ※   ※

 冬の到来(とうらい)を前(まえ)に、金沢市内(しない)の道路(どうろ)に設置(せっち)された石川県管理(かんり)の消雪装置(しょうせつそうち)の点検(てんけん)作業が一日、始まった。金沢駅(えき)近くの県道(けんどう)では、県の委託(いたく)を受(う)けた業者がノズルに詰(つ)まった砂(すな)やさびを工具(こうぐ)で取り除(のぞ)き、水の出具合(でぐあい)を確認(かくにん)した。

 初日(しょにち)は駅周辺(しゅうへん)の三カ所計(けい)二・三キロで実施(じっし)。作業員(さぎょういん)十八人が道路中央(ちゅうおう)に約一・四メートル間隔(かんかく)で設置されたノズルからの散水(さんすい)の勢(いきお)いを調査(ちょうさ)。県は降雪(こうせつ)までに順次(じゅんじ)、国道(こくどう)や県道百三十六路線(ろせん)の計三百八十三キロで作業する。  国土交通省(こくどこうつうしょう)金沢河川(かせん)国道事務所(じむしょ)も同日(どうじつ)から今月末(こんげつまつ)にかけて県内(けんない)の百七カ所、計六十キロで点検。市は二日から市道(しどう)三百七十二カ所、計二百二十八キロで作業する。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)兼六園(けんろくえん)の「唐崎松(からさきのまつ)」の高(たか)さはどれだけでしょう。

 a 3メートル  b 9メートル

 c 12メートル

(2)「唐崎松」から雪(ゆき)つり作業(さぎょう)をしなかった理由(りゆう)は何(なん)ですか。

 a 台風(たいふう)で幹(みき)が折(お)れたから

 b 松(まつ)くい虫(むし)の被害(ひがい)で枯(か)れそうだったから

 c 雨(あめ)で足元(あしもと)が滑(すべ)りやすかったから

(3)石川県(いしかわけん)が消雪装置(しょうせつそうち)を降雪(こうせつ)までに点検(てんけん)するのは何路線(ろせん)ですか。

 a 107路線

 b 136路線

 c 372路線

発展問題にチャレンジ

(1)兼六園(けんろくえん)のシンボルといわれる、二本脚(にほんあし)の灯籠(とうろう)は何と呼(よ)ばれますか。

 a 兼六灯籠

 b ことじ灯籠

 c 百万石(ひゃくまんごく)灯籠

(2)日本三名園のうち、梅(うめ)の名所(めいしょ)で知(し)られる庭園(ていえん)は何ですか。

 a 偕楽園(かいらくえん)

 b 後楽園(こうらくえん)

 c 高岡古城公園(たかおかこじょうこうえん)

小学校中学年以上(いじょう)

 冬(ふゆ)の到来(とうらい)を前(まえ)に、北陸(ほくりく)の雪対策(ゆきたいさく)について知(し)ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(2)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載日(けいさいび)を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは12月1日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上(あ)げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)c (3)b ▽発展(はってん)問題(1)b 

 ▽11月11日の発展問題(3)の答えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索