トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】希少種保全動物園に認定 富山市ファミリーパークが全国で初

国内希少野生動物(こくないきしょうやせいどうぶつ)に含(ふく)まれるツシマヤマネコ=富山県(とやまけん)の富山市(し)ファミリーパークで、2017年11月撮影(さつえい)

写真

 富山市(とやまし)ファミリーパーク(富山県(けん))が全国(ぜんこく)で初(はじ)めて、国(くに)が認定(にんてい)する希少種保全動物園(きしょうしゅほぜんどうぶつえん)に認定されました。絶滅(ぜつめつ)が心配(しんぱい)される希少種の保護増殖(ほごぞうしょく)に期待(きたい)が膨(ふく)らんでいます。

■掲載(けいさい) 9月15日朝刊富山向(ちょうかんとやまむ)け1面(めん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 国(くに)が認定(にんてい)する希少種保全動物園(きしょうしゅほぜんどうぶつえん)に、富山市(とやまし)ファミリーパークが全国(ぜんこく)で初(はじ)めて認定された。今後(こんご)、繁殖(はんしょく)などに向(む)けた他(た)園との希少種の移動(いどう)で、従来必要(じゅうらいひつよう)だった環境省(かんきょうしょう)の手続(てつづ)きが不要(ふよう)になるなどメリットがある。認定は(九月)十三日付(づけ)。

 希少種の保護増殖(ほごぞうしょく)に取(と)り組(く)む動植物園(どうしょくぶつえん)などを国が認定する新制度(しんせいど)で、二〇一七年の種(しゅ)の保存法改正(ほぞんほうかいせい)により創設(そうせつ)。今年(ことし)六月に制度が始(はじ)まり、希少種の飼育(しいく)・繁殖計画(けいかく)や展示方法(てんじほうほう)などが一定(いってい)の基準(きじゅん)を満(み)たした園を環境大臣(かんきょうだいじん)が認定する。

 ファミリーパークは七月に申請(しんせい)。希少種の飼育目的(もくてき)や計画などが「種の保存(ほぞん)に資(し)する」と評価(ひょうか)された。認定の有効期間(ゆうこうきかん)は五年間(ねんかん)。

 一九八四年の開園以来(かいえんいらい)、希少種の飼育に取り組んできた。環境省などが進(すす)める絶滅危惧(ぜつめつきぐ)種のニホンライチョウ(国特別天然記念物(とくべつてんねんきねんぶつ))の保護増殖事業(じぎょう)にも加(くわ)わり、現在(げんざい)はライチョウやツシマヤマネコなど国内外(こくないがい)の希少野生(やせい)動物十三種を飼育している。

 ファミリーパーク動物課(か)の村井仁志課長(むらいひとしかちょう)(54)は「認定は励(はげ)みになる。動物園が持(も)つ種の保存という役割(やくわり)を果(は)たしたい」と語(かた)った。

 今回(こんかい)、岐阜県各務原市(ぎふけんかがみはらし)の「世界淡水魚園水族館(せかいたんすいぎょえんすいぞくかん)アクア・トトぎふ」も認定された。今後も随時(ずいじ)、申請を受(う)け付ける。環境省の担当者(たんとうしゃ)は「動植物園などの連携(れんけい)を促進(そくしん)し、生息域外(せいそくいきがい)保全を推進(すいしん)したい」と期待(きたい)する。

■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち) (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)希少種(きしょうしゅ)とは何(なん)ですか。

 a 北陸(ほくりく)だけに生息(せいそく)する動植物(どうしょくぶつ)

 b 離島(りとう)に生息する動植物

 c 個体数(こたいすう)が極端(きょくたん)に少(すく)ない動植物

(2)富山市(とやまし)ファミリーパークが国(くに)から受(う)けた認定内容(にんていないよう)は何ですか。

 a 希少種の保護増殖(ほごぞうしょく)に取(と)り組(く)む

 b 希少種を他(た)の動物園(どうぶつえん)に移動(いどう)させる

 c 希少種の収集(しゅうしゅう)に取り組む

(3)認定の有効期間(ゆうこうきかん)は何年ですか。

 a 2年  b 5年

 c 10年

発展問題にチャレンジ

(1)富山市(とやまし)ファミリーパークはいつから希少種(きしょうしゅ)の飼育(しいく)に取(と)り組(く)んできましたか。

 a 1984年

 b 2000年

 c 2018年

(2)生息域外保全(せいそくいきがいほぜん)とは何(なん)ですか。

 a 生(い)き物(もの)が生息する地域(ちいき)で保護(ほご)、増殖(ぞうしょく)すること

 b 安全(あんぜん)な施設(しせつ)で生き物を保護し、増(ふ)やし、絶滅(ぜつめつ)を避(さ)けること

 c 生き物を生息地以外(ちいがい)の場所(ばしょ)で自然(しぜん)に放(はな)すこと

(3)希少種のツシマヤマネコの特徴(とくちょう)でないものは何ですか。

 a 長崎県(ながさきけん)の対馬(つしま)だけに生息している

 b 国(くに)の天然記念物(てんねんきねんぶつ)

 c 国内(こくない)で5千匹以上(びきいじょう)生息が確認(かくにん)されており、増加傾向にある

小学校中学年以上(いじょう)

 富山県(とやまけん)の富山市(し)ファミリーパークが全国(ぜんこく)で初(はじ)めて認定(にんてい)された希少種保全動物園(きしょうしゅほぜんどうぶつえん)について知(し)ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは11月3日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。 

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)a (3)b ▽発展(はってん)問題(1)a (2)b ▽10月14日の問題(3)の答(こた)えはaです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索