トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会事業団関連ニュース

就学・就職支援金 県内8施設に贈呈

菅沼堅吾代表(右)から支援金を受け取る林鐘園の北村幸子園長=金沢市東兼六町で

写真

本紙と社会事業団

 北陸中日新聞と北陸中日新聞社会事業団は十四日、児童養護施設の林鐘園(りんしょうえん)(金沢市東兼六町)で、高校進学を控えた子ども二人に「大井中日就学・就職支援金」を贈った。

 中日新聞北陸本社の菅沼堅吾代表が、北村幸子園長(47)に支援金を手渡した。北村園長は「二人とも、高校入学を楽しみにしている。家庭から支援をもらうのが難しい子がたくさんいるので、こうした支援は励みになるし、ありがたいです」と話した。

 二〇一三年から毎年、児童養護施設で生活する高校進学や就職を控えた子どもたちに、一人あたり五万円を贈っている。今年は県内八施設二十人が対象で、三月中に計百万円を贈る。

 支援金は、七尾市・和倉温泉の旅館「金波荘」を経営していた故大井安次さん夫妻と息子の故昭平さん夫妻が、北陸中日新聞社会事業団に寄託した二千万円を基金としている。 (寺田結)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索