トップ > 北陸中日新聞から > ホープフル > 記事

ここから本文

hopeful

【着こなす】シルクウール 華やか 永井外志明さん

▼スーツ 21万600円▼ネクタイ 1万9440円▼シャツ 2万8080円▼ベスト 5万2920円(すべて税込み)

写真

 今回は山登り、トレイルランニングが趣味の永井外志明(としあき)さん(69)=石川県白山市美川今町=に海外ブランドの紳士服を着込んでもらった。ブランドの名は「HICKEY FREEMAN」。歴代の米国大統領も好んだとか。年を重ねて挑戦を続ける大人にふさわしい着こなしとは−。

 永井さんは二十代から山登りを始め、北アルプスを駆け巡ってきた。現在も地元の浜辺を連日五〜十キロ走り、今月二十四日の第三十四回金沢ロードレース(北陸中日新聞、石川テレビ放送など主催)のハーフマラソンにも初出場する。本業は輸入、国産の人気靴を扱う店「UNITED WORKERS」の社長だ。

 店はめいてつエムザ(金沢市武蔵町)にあり、女性向けのウオーキングシューズを中心にこだわりの品をそろえる。店では、ジャケットを羽織り、気軽にお客さんの相談に応じる。

 モデルとして身にまとってもらったスーツは、丈夫で絹の質感、光沢があるシルクウールの素材。西インド諸島で生産される海島綿で織った高級ベスト、ブルーアイボリーのネクタイを合わせた。風格がありながら、華やかさ、行動的な印象を醸し出す。

 コーディネートしたスターフィールド(同)の星野隆社長(63)は「パーティーシーンでも、さりげなく際立つ感じをイメージした。ドレスアップした女性たちにも存在感は負けません」と強調してみせた。

 当の永井さんは「軽くて着やすい。オフの日に着れば、いい気分転換になる」と笑みを浮かべた。 (写真・西浦幸秀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索