トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

北電、イオンと災害協定 避難所への送電や物資提供

 北陸電力(富山市)と流通大手のイオンは二十三日、地震や台風などの大規模災害時の相互支援協定を締結した。北電は自治体から要請があった場合、一時避難場所となったイオングループの商業施設に応急的に送電する。

 イオン側は北電の要請に基づき、災害復旧要員向けの食料や日用品などの支援物資を提供するほか、北電が電力復旧拠点を設営する場所として施設の駐車場を貸与する。両社が平常時から相互の情報交換や必要に応じて訓練を行うことも盛り込んだ。

 イオンによると、一時避難場所となり得るイオンモールなどの一定規模以上の施設は富山県内に四カ所、石川県内に七カ所ある。電力会社との同様の協定は二〇一七年に中部電力(名古屋市)と締結して以来、二例目。

 北電は一四年に陸上自衛隊、一八年に海上自衛隊、今年一月に中日本高速道路(名古屋市)と災害時の復旧活動で連携する協定を結んでいる。 (中平雄大)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索