トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

好調令和 お中元商戦熱く

応援に駆けつけた石川ミリオンスターズの選手とハイタッチを交わし、意気込む営業担当の社員=金沢市の大和香林坊店で

写真

 お中元商戦が本格的に始まるのを前に金沢市内の百貨店で二十日、出陣式があった。北陸新幹線の開業以来、例年人気を集めている北陸三県の食材を充実。高級料亭やレストランの食事券を初めて提案したり、送料無料でお得感を出したりと、工夫を凝らして需要の掘り起こしを狙っている。(嶋村光希子、阿部竹虎)

大和香林坊店

北陸の商品 最多540点

 「いよいよ熱い戦いが始まる。令和に入って好調な業績を大きく伸ばしていく」。大和香林坊店の出陣式で岡本志郎店長はこう決意を述べた。

 千四百点の商品をそろえ、自分への「ご褒美」や友人同士で地元食材を楽しむ需要が拡大しているため、北陸の商品を過去最多の五百四十点に増やした。

 石川県白山市名物のフグの卵巣のぬか漬けと甘酒ミルクを合わせたジェラートなど「意外性」のある組み合わせを提案。押しずしやごま豆腐など、福井県の食材も手厚くした。

 体験型の「コト消費」が注目されていることから、日本料理銭屋(金沢市)やANAクラウンプラザホテル富山(富山市)の食事券も新たに用意した。

 近年はインターネット経由の購入が売り上げ全体の約二割を占めるため、楽天市場、ヤフーに設けている通販サイトの利用も呼び掛けていく。

お中元商戦キックオフセレモニーで、店員の見送りを受けて出掛ける外商部員ら=金沢市のめいてつ・エムザで

写真

めいてつ・エムザ

「金沢小箱」充実図る

 めいてつ・エムザは、石川ならではの総菜や和菓子、日本酒で四十商品の中から三種を選べる人気の「金沢小箱」の内容を一部見直し、充実を図った。

 注目グルメを集めた「全国うまいもん特選ギフト」ではグラノーラやウナギの西京漬けなどを提案。少人数の家族が増えており、レンジで簡単に調理できる商品も拡充した。

 また、配送料が値上がりする中で贈る側の負担を考慮し、千二百種類の商品のうち、全体の半数以上について送料無料・送料込みとした。

 ギフトセンターには待合スペースとの間に新たに仕切りを設ける。二口豊一店長は「わざわざ店に足を運んでくださるお客さまのストレスを軽減できれば」と話している。

 大和、エムザとも前年比で1%増の売り上げを目指す。ギフトセンターの開設期間は、大和は香林坊店が六月一日〜七月二十二日、富山店が六月五日〜八月五日、高岡店が六月六日〜八月六日。エムザが六月五日〜七月二十二日。早期の申し込みで割引になる企画もある。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索