トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

はじけて 若鶴香る 同社初、本格ハイボール缶

若鶴酒造のウイスキーの特徴を生かしたハイボール缶=富山市内で

写真

あす先行販売

 北陸で唯一のウイスキー蒸留所を持つ若鶴酒造(富山県砺波市)は二十五日、新商品「ハリークレインズ クラフトハイボール」を発売する。自社ウイスキーを使った本格的なハイボール缶は同社で初めて。県内の酒専門店を中心に全国で販売する。一年目の目標は十四万缶。

 自社で蒸留したウイスキー原酒をブレンドし、炭酸だけを加えた。アルコール分は9%とやや強め。リキュールタイプのハイボールに多いレモンや糖類は一切使わず、自社ウイスキーの特徴である「スモーキー(香ばしい)」な風味を前面に打ち出せるようにこだわった。パッケージは高級感を醸し出す黒を基調にし、自社の三郎丸蒸留所をデザインにあしらった。

 発表会が十二日、富山市内であり、ウイスキープロジェクトリーダーの稲垣貴彦取締役は「バーのハイボールを再現するため原料にこだわった。強炭酸による爽快感と泡がはじけたときに香るウイスキーの繊細な香りを味わえる」と話した。三百五十ミリリットル缶で希望小売価格は税抜き三百九十円。

 新商品は十四日、JR富山駅と金沢駅の「おみやげ処」で先行販売される。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索