トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい

ここから本文

北陸けいざい

写真

 九谷焼の魅力を伝える複合型の創作工房「九谷セラミック・ラボラトリー(愛称・セラボクタニ)」が二十四日、石川県小松市若杉町に開業する。陶土の製造工場をはじめ若手作家の工房や展示販売場、観光客の陶芸体験コーナーなどを備え、九谷焼に親しめるよう工夫した。(5月23日) 記事全文へ

[写真]

(右)現代作家による作品が並ぶギャラリー(左)九谷セラミック・ラボラトリーの開業を祝う関係者たち=いずれも石川県小松市で

 
写真

 福井県の中小企業が人工衛星の製造に乗り出した。眼鏡枠加工機メーカーとして出発した鯖江精機(越前町)だ。宇宙産業の創出に力を入れる県からの呼び掛けに応じてのスタートだったが、浅井滋社長(62)は「当社の技術が生き、大きなビジネスになる」と手応えを語る。(5月22日) 記事全文へ

 

 原発事故の影響で福島県内の浪江−富岡間が不通になっているJR常磐線。東北を旅行していた連休中、南相馬市に宿泊して浪江駅から代行バスに乗った。帰還困難区域を通過するため、車内では窓を開けないよう注意を促すアナウンスも。(5月22日) 記事全文へ

 
写真

 「自動運転技術の普及で電子部品の需要は今までにないくらい増大する」と見通しを示したのは、商社の三谷産業(金沢市)の三谷忠照社長。過去最高の売上高を記録した2019年3月期連結決算の背景として、自動車用の電子回路やチップの外枠を構成するプラスチック成形品の成…(5月23日) 記事全文へ

 
写真

 セーレン(福井市)は、臭いを吸着し分解する高性能消臭アンダーウエア「デオエスト」の女性用「消臭フレンチスリーブ(汗取りパッド付き)」=写真=を発売した。着心地や抗菌効果をアップさせた。(4月23日) 記事全文へ

 

過去の連載

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索