トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

新たな経済指標を提案 野村総合研究所 此本臣吾会長兼社長

写真

 野村総合研究所の此本臣吾会長兼社長はデジタル時代の経済活動について「従来の国内総生産(GDP)で測る世界と懸け離れている」と訴える。実態に即して分析するには「デジタルサービスが消費者にもたらす豊かさ」を加味する必要があるとして、新たな経済指標を提案した。

 同社の調査では日本は実質GDP成長率などが低迷する一方、生活者の主観的な生活実感は向上したという。此本氏は「インターネットをよく使う人ほど満足度が高い傾向にある」と強調した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索