トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

次世代車の部品に商機 帝人 鈴木純社長

写真

 帝人(大阪市)の鈴木純社長は「自動車向けの複合成形材料事業は発展戦略の重要な柱」と力説する。重い電池を搭載する次世代車は部品の軽量化が求められており、部品開発を商機とにらむ。

 帝人は昨年に創立100周年を迎えた。今年は「次の100年のスタート」と位置付ける。

 既に欧州の自動車向け複合材料部品メーカーを買収し、米国でも自動車部品の新工場建設を決めた。世界的に事業を拡大して「未来の社会を支える会社になる」と意気込む。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索