トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

食品ロス減 店にも有益 ローソン 竹増貞信社長

写真

 まだ食べられる食品が廃棄される「食品ロス」が世界的に問題視される中、「満足に食事ができない子どもがいるのは矛盾している」と訴えるのはローソンの竹増貞信社長。ロスの削減を目指し、消費期限切れが近い弁当類を買った客に共通ポイントを還元する実験を始める。

 加盟店にとっても、仕入れた商品を期限切れで捨てるより、売れた方がよいのは当然で、「全体の食品廃棄を減らし、店の利益にも効果をもたらす取り組みにしたい」と意気込む。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索