トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

ATM当面は残す 北陸銀行 庵栄伸頭取

写真

 「日本はATM(現金自動預払機)での引き出しがまだ常道で、重要性は高い」と話すのは北陸銀行(富山市)の庵栄伸(いほりえいしん)頭取。コスト削減やインターネットバンキングの普及で、大手では自前のATMを大胆に廃止する動きも出てきた。同じグループの北海道銀行(札幌市)は他行の顧客からの手数料収入を狙って台数が多いが、北陸銀は投資が控えめだったこともあり、台数は少ないという。「ATMで無料で引き出せることを好まれる人は多い。当面は採算性を見て残すものは残す」

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索