トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

新分野に種まき続ける 三谷産業 三谷忠照社長

写真

 「自動運転技術の普及で電子部品の需要は今までにないくらい増大する」と見通しを示したのは、商社の三谷産業(金沢市)の三谷忠照社長。過去最高の売上高を記録した2019年3月期連結決算の背景として、自動車用の電子回路やチップの外枠を構成するプラスチック成形品の成長を挙げた。

 決算全体を振り返り、化学品や建設工事など単体の事業分野にとどまらず異分野との融合が進んでいるのを踏まえ「投資の手は緩めない。領域が重なる新分野に種まきをしていく」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索