トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

水引本来の役割伝える 津田水引折型 津田六佑さん

写真

 「言葉によらず、気持ちを『感じ取ってもらう』コミュニケーションの形を伝えたい」と語るのは、津田水引折型(金沢市)の5代目、津田六佑(ろくすけ)さん。贈答品を和紙で包み、ひもで結んで造形的に装飾する「加賀水引」発祥の老舗。以前はインターネット関連会社で働いていたが、2014年8月に家業を継いだ。最近は加賀水引の技術を生かしたオブジェの制作需要がホテルなどで増えているというが「作品を通じて水引本来の役割を知ってもらう流れをつくりたい」と考えている。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索