トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

プレッシャー

 不適切な会計処理があった石川県内のメーカーが公表した調査報告書を読むと、利益を維持しなければならないプレッシャーが社内中に染み渡っていた背景が浮かび上がる。この会社では大幅な純損失を計上した反省から工事物件の粗利率の最低基準が二〇一六年ごろまで存在し、過度な管理が続いたとみられる。風通しの良い体制が必ず復活すると信じ、今後の取り組みを見守りたい。

 県中小企業団体中央会が加盟団体を対象に経営コストについて尋ねたところ、前年と比べ「上昇」が約八割を占めた。原材料費や輸送費の上昇に多くの企業担当者が頭を抱えていると思うと、胸が痛む。コスト削減の使命感で無理をしている企業はないだろうか。現場の声を聞きながら取材を続けたい。 (阿部竹虎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索