トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい

ここから本文

北陸けいざい

写真

 輸入会社「トモスメイカー合同会社」(富山市)は廃棄されるレザージャケットを活用した財布作りに取り組んでいる。不要となったモノに新たな付加価値を持たせ、別のモノに生まれ変わらせる「アップサイクル」の一環。(3月28日) 記事全文へ

[写真]

「未来の子どもたちに地球を残せるよう貢献できたら」と話す松田大輔代表社員=富山市で

 
写真

 昨年十二月にホームページ(HP)で「SDGs宣言」をした。きっかけは同年二月に金沢市内で開かれた「国際青年会議所(JCI)金沢会議」。SDGsの達成を目標に二〇一六年から毎年開催されており、会場では企業の先進事例が紹介されていた。(3月18日) 記事全文へ

[写真]

   最重点目標

 
写真

 学校に入学すると袖を通す学生服。カンコー学生服の代理店である福井県越前市の山耕に二十五歳で入社した。「子どもが大好きで、子どもたちに携わる仕事がしたい」が動機。(3月24日) 記事全文へ

[写真]

仕事を通し「子どもたちの成長を感じることが楽しい」と話す佐藤さん=福井県越前市小松2の山耕で

 

 金沢市郊外の大型書店が来月、閉店する。三十二万冊という膨大な本の行く先が気になり、運営会社に尋ねると、「本の卸売会社に返品して、出版社に戻します。出版社は在庫が多すぎると処分することもあります」と返ってきた。 金沢に赴任した今月初め、長町の古書店を訪ねた。(3月18日) 記事全文へ

 
写真

 「酒づくりを通じて地域の資源を循環させる場所にしたい」と意気込むのは、本社敷地内に「令和蔵」をオープンさせた若鶴酒造(富山県砺波市)の小杉康夫社長。酒に関するさまざまな体験ができる施設だ。(3月27日) 記事全文へ

 

過去の連載

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索