トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

ポスト安倍談議

 前回の小欄でポスト安倍首相を取り上げた後、知人らとの酒席で話題に上った。

 来年九月末の総裁任期を再延長して四選とするウルトラCは、党幹部が肯定を公言しているが、さすがに無謀だろう。

 ならば任期前の退陣は? 党則により党大会に代わる両院議員総会で、地方の一般党員の参加なしに後任を選べば、安倍氏の「意中の人」が当選する可能性が高い。結果として、安倍“院政”が実現するかも。その新首相が衆院解散・総選挙に踏み切るなら、九月のパラ五輪直後が濃厚では。

 すべて推測話だが、その通りにいかないのが政界の常?(編集委員・山本義之)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索