トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

冬景色

 それにしても雪が降らない。除雪の重労働がなくて日常生活は助かるし、冷え性の身に暖冬は歓迎。十八日に始まった大学入試も地元の受験生にはありがたい環境ではないか。どんよりとした冬の曇天は気がめいるからあまり好きじゃない。北陸の冬に「貴重」な青空が例年より多い気がするので、気分も少しは晴れやかだ。

 雪不足で気がかりなことの一つが富山県南砺市と富山市で二月に予定されている国体の開催。関係者は毎日、空を見上げているだろう。地球温暖化とはいえ「異様」な感じさえする昨今。冬の景色がすっかり変わった。(富山支局長・坂本正範)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索