トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

小さな朗読会

 「朗読会に来ませんか」。そう誘われて先月末、金沢市内の古書店で開かれた会に参加した。十人足らずの男女が一人ずつ、用意された詩やエッセーをただ声にして読むだけの小さな会。人前で朗読するなんていつ以来か。小学生のころを思い出す。

 始まるまではうまく読むことばかりに気がいっていたが、やがて同じテキストでも読み手によって、詩句や文章の意味合いまで微妙に違っていることに気づく。静けさの中、人の声に耳を傾けると穏やかな気持ちにもなる。ただ読み、聴く。それだけなのに、思い返すと、それはちょっとぜいたくな時間だった。(文化担当・松岡等)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索