トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

蜃気楼

 富山県魚津市の大町海岸公園。ここは江戸時代後期に加賀・前田家当主が蜃気楼(しんきろう)を見て絵を描かせた場所らしい。国の文化審議会が国登録記念物にするよう文部科学相に答申したので「どんな所か」と訪れた。園内に「しんきろうの鐘」があるが、米騒動をアピールしている印象が強かった。

 高校の三年間、市外から魚津に通ったが一度も蜃気楼を見たことがない。関心がなかったから見に行こうともしなかった。しかし現在までないとなると、県民としては残念でもある。魚津にはよく出掛けるのでいつかは遭遇すると期待しているがどうなることやら。(富山支局長・坂本正範)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索