トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

水の都から上陸

 金沢とタイの首都バンコクはよく似ている。そう書くと「熱帯モンスーンの国と雪国では全然違う」と反論する方もいるだろう。ここでいう類似点とは、街中をくまなく巡る水路の様子と寺院の多さだ。違うとすれば水のにおい。バンコクの運河から漂うそれは金沢と違って鼻が曲がる。

 そんなタイは雨季に洪水が頻発する。それもまた、豪雨が相次ぐ日本と似ている気がするのだが、先月の本紙に「泳ぐ車、タイから上陸」との記事が載った。犀川や浅野川を泳ぐ姿は想像したくないが、被災地で活用できるのなら自治体には是非導入してもらいたい。(整理部長・内藤哲宏)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索