トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

トチ餅

 石川県白山ろく民俗資料館で先月あった地元特産のトチ餅つきを取材し、勧められて私もきねをふるった。きねと臼を使った餅つきは初体験だったが、きねが餅に角度よく当たると「ペタン」といい音が響くのが楽しくて、思わず熱中してしまった。

 あく抜きをして蒸したトチの実はまだ渋味が残るが、餅になるとまったく感じなくなる。香ばしい風味は、あんなど甘い味との相性が抜群だ。同館の山口一男(いちお)館長は「昔はもち米の割合が高いのが良いとされたが、今はトチの実が多い方が喜ばれる」。時代が変わり、評価が逆転しているのがおもしろい。 (白山支局長・鴨宮隆史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索