トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

今年のニュース

 令和元年も師走に入り、残り一カ月を切った。ということで、一足早く今年の三大ニュースを振り返ってみる。金沢市民の立場で考えると、最も驚いたのは十月の台風19号の大雨による北陸新幹線の全面運休だ。当たり前の日常が突然、失われることの怖さと先行きへの不安。北陸も、まぎれもなく被災地だったと思う。

 二位は、平成の終わりと令和の幕開け。新元号の考案者が高志の国文学館(富山市)の中西進館長というのは地元として誇らしい。そして三位は、星稜高の夏の甲子園大会準優勝。北陸から多くの情報を発信した一年だった。(報道部長・中村清)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索