トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

台風と新幹線

 台風19号の影響で北陸新幹線の金沢−東京間の直通運転ができなくなり、富山駅の窓口には連日、行列ができている。二十五日に再開する見込みになってひと安心とはいえ、影響は続くだろう。

 日常生活の混乱であまり注目されないようだが、北陸新幹線の存在意義は利便性や地域振興だけでなく、太平洋側の大規模災害時の迂回(うかい)ルートにある。北陸や関西の政財界が「重要な国家プロジェクトだから早く大阪までつなげるべきだ」と主張しているのに車両が水没する残念な事態。「想定外」では済まされない。災害に強い新幹線にしないと。(富山支局長・坂本正範)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索