トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

夢中体験

 小学六年の時、担任が「少年野球の歌」という曲を教えてくれた。みんな野球に夢中のころ。よく歌った。今はほとんど忘れたが「♪包む そろいのユニホーム」の一節だけが頭にこびりついている。草野球に明け暮れ勉強をそっちのけにしたから親が中学高校で野球部入りに猛反対。ユニホームを着たくてならなかったのに泣く泣くあきらめた記憶が結び付いているのだろう。

 最近は野球少年が減って高校野球は連合チームも目立つが試合をしたい気持ちがよく分かる。自分は子供の時の一瞬だが燃えるように打ち込んだ記憶は後につながる。魅力的な体験だ。(編集委員・中島健二)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索