トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

「主戦場」

 話題のドキュメンタリー映画「主戦場」を見た。旧日本軍の慰安婦問題について中心的な論者にインタビューを重ね、「強制」はあったのか、慰安婦の数はどう算出されたのかなどの論点を検証するが、テーマは「論争」そのものだ。日系米国人監督が映画を撮ったきっかけは、元朝日新聞記者が過去の記事を巡りバッシングを受けたことだという。映画に注目が集まるのは、今、ネット上ばかりか、政治家までが平気で差別的な言葉を吐くようになった状況に、論争が直結しているからではないか。金沢市のシネモンドでは二十二日から上映。見て、考えたい。 (文化担当・松岡等)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索