トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

自戒

 歩道で信号待ちしていた園児が、車同士の事故に巻き込まれ死傷した大津市の事故は、悲しくて言葉がない。涙が出る。ハンドルを握る一人として自戒したい。

 交通死亡事故の報で思い出すのが、某県警トップの訓示だ。県内で交通事故死者数を減らしたとして警察庁長官賞を受けた。

 胸を張る県警幹部に「数字を減らしたのは良い。でも一人でも亡くなれば、当人はもとより、家族もいる。それを思えば全くない方が良い。それがわれわれの仕事だ」と説いた。肩を落とす幹部を前に私自身、記者として不明を恥じた瞬間でもあった。 (小松支局長・浅野宮宏)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索