トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

【雨乃日珈琲店だより ソウル・弘大の街角から】(19)「おいしかった」発言

ただの挨拶か、本心か

(上)日本式ラーメンは韓国でも定着しているメニューのひとつで、弘大は特にお店が多い(本文のラーメン店とは無関係)=ソウルで(下)「石橙茶香清暑後書窓梧韻晩涼餘」(2012年)。昼下がり、石の腰掛に坐して茶の香りを味わい、夕暮、書斎の窓に涼しげな梧桐の風声を聞く今年の韓国は涼しく過ごしやすい

写真

 出先で適当に入った日本式ラーメン屋で食事を済ませ、会計したところ、店員さんに「おいしかったですか(マシッケトゥショッソヨ)?」と聞かれ、一瞬言葉に詰まった。

 実はこれ、韓国の飲食店でよくあるやりとりだ。「おいしかったですか」は決まり文句ではないが、挨拶に近い質問といえる。もちろん、実際においしければ何の問題もない。客として悩むのは、それほどおいしくなかった場合だ。挨拶と割り切って笑顔で「はい(ネー)」と言うのが正解なのだろうが、そんなことで韓国の飲食業界に発展はあるのかと、もやもやしながら店を後にすることになる。

 もちろん私たちは、当店のお客さんに対しそのようなことは聞かない。と言うより、どんな答えが来るのか怖くて聞けない。それなのにお客さんは、こちらが聞いていないのに「おいしかったです(マシッケモゴッソヨ)」と言って立ち去っていく。本当においしかったと思ってくれるのならこんなにうれしいことはない。第一、そのような方の気持ちは、食べているご様子だけ見ても伝わってくるし、それを見て私たちも救われる気持ちになる。

 しかし一方で、「おいしかった」と言って立ち去る人に限って、ケーキやドリンクを残していく現実もある。うきうきしながらテーブルを片付けに行ったら、コーヒーが残っていて、余計にどんよりしたのは一度や二度ではない。なので初めてのお客さんに「おいしかった」と言われると、「どっちなの?」と思わず身構えてしまう。

 話は戻ってラーメン屋。「おいしかったですか」と聞かれた私は、どう答えるか迷った末、目をそらしつつ「はい……」と力なく答えた。すると店員さん、「弘大でカフェをされてますよね? 前に行きました、おいしかったですよ!」と言った。ああ、無駄に韓国飲食業界の発展に気を使わなくてよかった。油断できない。

 しかしその店員さんの「おいしかった」発言も本心なのかどうなのか。特に何も考えていないのか。真相は藪(やぶ)の中である。 (しみず・ひろゆき=ライター、いけだ・あさこ=書家、金沢市出身)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索