トップ > アニまるっと@東山Zoo > <46>ワタボウシパンシェ ポーズは「よっしゃー!」

ここから本文

<46>ワタボウシパンシェ ポーズは「よっしゃー!」<< アニまるっと@東山Zoo TOPへ

写真

 まるでラグビーのトライが決まった瞬間の観客。「よっしゃー!」と野太い声が聞こえてきそう。実際は「キャッ、キャッ」としか鳴かない。

 レオ君が人に似ているのには理由がある。母親のネグレクトで、飼育員の愛情を受けて育ったから。そのため人への親近感が強い。半面、野生本来の姿は失われた。雌との繁殖がうまくいかない。

 だからこそ、子の誕生は悲願だ。その願いがかなったとき、飼育員もきっと叫ぶだろう。「よっしゃー!」と。

 写真・田中利弥
 文 ・水越直哉

 ワタボウシパンシェ ワタボウシタマリンとも。霊長目オマキザル科。綿帽子のような頭の白い毛が特徴で、体重は400グラムほど。南米コロンビアの熱帯林に生息する。森林破壊で絶滅寸前になっている。

東山動物園の“住民たち”の動画はこちら

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索