トップ > アニまるっと@東山Zoo > <37>ワオキツネザル 尻尾の“妖術”ワオ!

ここから本文

<37>ワオキツネザル 尻尾の“妖術”ワオ!<< アニまるっと@東山Zoo TOPへ

写真

 ツートンカラーの輪っか模様の尾と、キツネ顔。見た目がそのまま和名になった。漢字で書くと「輪尾狐猿」。なんだか日本古来の妖怪みたい。

 この尻尾、妖術かと思うような力を発揮する。体から出る強いにおいのする分泌液を自ら尻尾に塗り、それを振ることで縄張りや力の強さを主張する。

 4月に生まれた赤ちゃんも、ふさふさしたお母さんの尻尾が大好き。飛び付いたり、よじ登ったり。そうか、お母さんの体で輪を掛けていいにおいがするからかもね。

 写真・松田雄亮
 文 ・水越直哉

 ワオキツネザル 霊長目キツネザル科。マダガスカル島南部の森林で、群れで暮らす。果物や葉を主食とし、時にカメレオンなど小動物も食べる。体重は約3キロ。「ミャー」とネコのような声で鳴く。

東山動物園の“住民たち”の動画はこちら

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索