トップ > アニまるっと@東山Zoo > <29>オウサマペンギン 頭がかゆい…ではなく

ここから本文

<29>オウサマペンギン 頭がかゆい…ではなく<< アニまるっと@東山Zoo TOPへ

写真

 足で頭をかいて行儀悪い、なんて言わないで。13歳の雄キンペーにとっても、この柔らかさこそ生きるすべなんですから。

 理由はおしり近くの尾脂腺(びしせん)という器官。ここから出るオイルを、90センチの大柄な体を曲げてくちばしに付け、全身に塗る。すると、水をはじいて体温低下を防ぐのだとか。

 冷たい海を泳いで生きるペンギンにとっては大事な尾脂腺。でも場所がおしりに近いだけに、なんだか勘違いされてそうで…。たまに頭をかいてごまかします。

 写真・浅井 慶
 文 ・水越直哉

 オウサマペンギン ペンギン目ペンギン科。南極周辺の島にすむ。コウテイペンギンに次ぐ大きさ。東山にいるのは1羽だけで、フンボルト、イワトビの両ペンギンと一緒に飼育されている。

東山動物園の“住民たち”の動画はこちら

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索