トップ > アニまるっと@東山Zoo > <23>アクシスジカ 自慢の角で真剣勝負

ここから本文

<23>アクシスジカ 自慢の角で真剣勝負<< アニまるっと@東山Zoo TOPへ

写真

 稲妻のように枝分かれした角は雄シカの力の象徴。角と角を絡ませると戦いは始まる。カッ、カチッと乾いた音を響かせ、こん身の力で押し相撲を展開する。引けば、負けだ。

 武器の角は2月ごろ、ぽろっと落ちる。春にはコブのような袋角になり夏には角ができる。この秋の時期、最も立派な姿がみられるようになる。

 角は年長のシカほど大きくなる。戦いと生え替わりを繰り返し、群れを治める若いシカが頭角を現すのだという。

 写真・松田雄亮
 文 ・水越直哉

 アクシスジカ 偶蹄(ぐうてい)目シカ科アクシスジカ属。インドやスリランカに生息する。白い斑点模様が特徴で「最も美しいシカ」と称されることもある。東山には、ここで生まれた13頭がいる。

東山動物園の“住民たち”の動画はこちら

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索