トップ > 出発進行 > <5>1523mに頂くロマン

ここから本文

<5>1523mに頂くロマン<< 出発進行TOPへ

写真

夕日に染まった荒島岳を背に走る列車。右は越前大野城=福井県大野市の計石−牛ケ原間で

 山肌をじわじわ上る厚ぼったいもや。つかの間、太陽が顔を出し、谷間の雪が乳白色に輝きだす。ゆったり表情を変える山を背に、小柄な列車はせわしなく田園を駆け抜けた。

 越美北線の沿線にそびえる荒島岳(福井県大野市)。その美しさと気品に引かれ、深田久弥が「日本百名山」に推した。

 「うらに言わせれば…」。麓で生まれ育った高松誠さん(67)はあえて厳しい。

写真

 珍しい草花はない。標高1.523メートルと高くない。強い季節風で樹木が育たず、眺望は美しい。頂上から見渡せる石川、岐阜県境の白山は日本三名山とも呼ばれ、長らく地元の信仰を集めてきた。「荒島岳は白山を眺め続け、うらやましいと思ってたやろ」

 だからこそ、たくさんの人に登ってほしい。百名山に選ばれ、日の目を見た荒島岳に。「百名山になれなかった何十万という山たちの代表なんや」

 仲間とつくった愛山会で登山道を整え、寿命が1000年の桜も植える。会がなくなったって、山も桜も残る。「男はロマンってね」。山の頂が夕日で桜色に染まった。

 文 ・片岡 典子
 写真・布藤 哲矢

 JR越美北線 越前花堂(はなんどう)−九頭竜湖の22駅、52.5キロの非電化路線。全ての列車が福井始発で越前花堂までは北陸線の線路を走る。愛称は「九頭竜線」。1960(昭和35)年に南福井−越前花堂−勝原(かどはら)間で開業。72年に全線開通した。南福井−勝原では貨物営業もしたが82年に全線で廃止。現在の運行車両は、キハ120系気動車の1〜3両編成。

豪雪地帯を走る越美北線(動画)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索