本文へ移動

高校野球

星稜・奥川の‘’後継者‘’寺西が、センバツ切符を引き寄せる7イニング14奪三振。来年のドラフト候補だ

星稜・奥川の‘’後継者‘’寺西が、センバツ切符を引き寄せる7イニング14奪三振。来年のドラフト候補だ

2019年10月14日

◇14日 高校野球・北信越大会第2日準々決勝 星稜10-2敦賀(石川県立球場)  強い雨が降り続く悪条件下で、星稜の長身右腕が奪三振ショーを繰り広げた。先発の背番号10、寺西成騎投手(2年)が...


おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ