トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

元大関が関脇を技術指導!照ノ富士「朝乃山は右腕が強いけど、左はまだ」出稽古先で懇切レクチャー

2020年2月26日 19時27分

霧馬山(手前右)をつり出す照ノ富士。後方は朝乃山

写真

◇大相撲春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)

 大関経験者の十両照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が26日、大阪市東成区の時津風部屋に出稽古し、居合わせた関脇朝乃山(25)=高砂=に右四つの技術指導を買って出た。

 右四つを得意とする同士、居残って土俵で組み合った。詳細は明かさなかったが、手ぶりを交えて「朝乃山はこっち(右腕)が強いけど、こっち(左腕)はまだ」と上手を取る動きのレベルアップを促した様子。「勢いのある人と胸を合わせると、こっちも自信になる。せっかくのチャンスをつかんでほしい」と刺激を受けつつ、大関とりへエールを送った。

 照ノ富士自身は、関取返り咲きを果たした初場所で十両優勝し、春場所は東十両3枚目で迎える。この日も豪快なつり出しを見せるなど、動きは上々。「10勝して上がりたい」と幕内復帰へ意欲満々だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ