トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

春場所前の行事は続々中止に 奉納土俵入りや前夜祭 初日前日の土俵祭は一般入場と力士参加なし

2020年2月26日 14時36分

春場所の土俵祭は一般入場の取りやめが決まった(写真は2019年の名古屋場所の土俵祭から)

写真

 日本相撲協会は26日、大阪市内で予定されていた29日の住吉大社での「奉納土俵入り」と、3月3日の「第50回大相撲春場所前夜祭」の中止を発表した。大相撲春場所(同月8日初日・エディオンアリーナ大阪)を前に、新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置とみられる。

 さらに、同月7日に会場で行う予定の土俵祭は、一般入場を取りやめることを決めた。慣例となっている三役以上の力士の出席も見送る。

 本場所開催の可否を決める臨時理事会を、同月1日に行うことも正式に発表。協会側は「中止」「無観客」「通常開催」を選択肢とする方針を表明している。「現在、大相撲三月場所の開催に向け、準備を進めております。引き続き、新型コロナウイルス感染予防対策をお願いいたします」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ