トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

大関とりへ朝乃山は8勝1敗「動きは悪くない」26日は正代、豊山が所属する時津風部屋で出稽古へ

2020年2月25日 17時18分

朝玉勢(手前右)を攻める朝乃山

写真

 大関とりに挑む関脇朝乃山(25)=高砂=は25日、大阪市中央区の高砂部屋で春場所に向け、稽古を再開した。十両朝玉勢らを相手に8勝1敗。本格的に相撲を取るのは初場所以来だったが、まわしにこだわらず前に出る攻めが目立って「動きは悪くない。立ち合いから低く、突っ張りは自然に出た」と納得の表情だった。

 26日は、春場所で対戦が見込まれる関脇正代、幕内豊山が所属する時津風部屋へ出稽古する予定。「幕内上位の関取が2人いますから。少しずつ感覚を戻していきたい。荒れる春場所ですから」と意欲的だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ