トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

先場所初優勝の徳勝龍が自己最高位の前頭2枚目に浮上…気持ちは「まだ33歳」言動は「もう33歳」

2020年2月24日 20時12分

番付表のしこ名を指さす徳勝龍

写真

 日本相撲協会は24日、大相撲春場所の新番付を発表。初場所で幕尻優勝を飾った徳勝龍(33)=木瀬=は5年ぶりに自己最高位を更新し、西前頭17枚目から西前頭2枚目に浮上した。

 「(優勝インタビューで)まだ33歳って言ったっすけど、今もそんな気持ちなんで」。大阪府吹田市の木瀬部屋で行われた記者会見で若さをすかさずアピールした。

 23日に60歳の誕生を迎えた天皇陛下が優勝インタビューを引用され「まだ還暦」とお話になったようだと聞かされると「ほんまですか? そうやって言ってもらえるのは光栄だと思います」と恐縮しながら喜んだ。

 その上で「言動、行動はしっかりやらないと。そこは『もう33歳』で」と気を引き締めることも忘れない。ファンを公言する阪神からオープン戦の始球式参加を打診されたが、場所直前のため断る予定で稽古に集中していく。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ