トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

「 豪栄道関は日本人のいいところを背中で見せてくれた」貴景勝が先輩リスペクト「いつまでもかっこいい」

2020年2月1日 18時53分

押尾川親方(元関脇豪風)の引退相撲で土俵に上がった貴景勝

写真

誓った「自分もそうなりたい」

 大関貴景勝(23)=千賀ノ浦=が豪栄道イズムを引き継ぐ。3月の春場所では1982年初場所の琴風以来、38年ぶりの1人大関となる。1日に東京・両国国技館で押尾川親方(元関脇豪風)の引退相撲に出席した貴景勝は、「豪栄道関は背中で見せてくれた。(豪栄道が会見で語った『やせ我慢』は)日本の昔からの文化。日本人のいいところを背中で見せてくれた。自分もそうなりたいと思う」と話した。

 豪栄道は埼玉栄高の先輩でもあり「あの人に憧れてプロに入った」。すっぱりと引退したことにも「豪栄道関らしいやめ方かなと思う。いつまでもかっこいい」と尊敬してやまない。

 初場所では終盤の連敗で優勝を逃したが、1人大関として「ますます求められることも高い。それに応えられるように一生懸命やるだけ」と責任をまっとうする決意を語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ