トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

「綱とりは失敗しましたが嫁取りこそは…」豪栄道引退に師匠が愛ある労い「ど根性誰よりも」

2020年1月29日 22時56分

記者会見で笑顔を見せる、引退した元大関豪栄道。右は境川親方

写真

 大相撲初場所限りで現役を退いた元大関豪栄道の武隈親方(33)=境川=が29日、東京・両国国技館で引退会見を開き、15年間の土俵生活に別れを告げた。

 引退会見に同席した師匠の境川親方(元小結両国)は、しきりに目元を拭って惜別の思いをこらえ切れない様子。「やせ我慢の美学を大事にしてきた男。ど根性を本当に誰よりも見せた」と現役時代の気構えを絶賛した。

 最後は、師匠への思いを質問された元大関を「いらんこと言うなよ」と、けん制したが「師匠の男っぷりの良さを見習い、男としての所作を学んでいきたい」の言葉に思わずにっこり。帰り際には、報道陣に「綱とりは失敗しましたが、嫁取りこそはご協力お願いします」。自慢の弟子への愛情たっぷりのメッセージで締めくくった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ