トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

「えらいことになったなあ」初優勝した徳勝龍の母えみ子さんも夢心地…国技館で優勝見届ける

2020年1月26日 22時16分

記者に囲まれる母の青木えみ子さん

写真

◇大相撲初場所千秋楽(26日・両国国技館)

 初優勝した徳勝龍の母・青木えみ子さん(57)は奈良市の自宅から小学生の孫2人と国技館へかけつけ、優勝の瞬間を見届けた。

 「勝つとは思ってましたけど、うれしかったです。えらいことになったなあって感じです。感動しました。冷や冷やする部分もありましたし。何とかしてくれると思ってました」。支度部屋で天皇賜杯を抱いた息子の横で、近大の伊東勝人監督の遺影を手に笑顔で万歳した。

 「(来場所が地元の春場所なので)1つ勝ち越したらいい。それだけしか望んでなかった」という。生まれたときは3860グラムで「6カ月で10キロになった。よく食べてよく寝る子でした」と思い出を語ったわが子の、立派な姿をしっかりと目に焼き付けていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ