トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

初優勝・徳勝龍と”ヤワラちゃん”谷亮子さんとの不思議な接点 生徒会副会長として「荒れていた」中学校にメダリスト招く

2020年1月26日 20時21分

徳勝龍と谷亮子さんには不思議な接点があった

写真

◇大相撲初場所千秋楽(26日・両国国技館)

 33歳5カ月で史上3位の高齢初優勝を飾った徳勝龍と、バルセロナ五輪で16歳11カ月の五輪柔道競技史上最年少メダリストとなった田村(谷)亮子さんの間には不思議な接点があった。

 徳勝龍が通っていた橿原市立光陽中は、当時を知る現狩野晃三校長によると「荒れてました」。そこで、学校は創立50周年行事としてスポーツを通じて勇気、希望を伝えていければと、2000年シドニー五輪に出場する田村亮子選手を、五輪後に学校へ招く計画を立てた。

 田村選手と光陽中は縁もゆかりもない。当時の教諭、生徒会が中心となって苦心しながら00年12月に招くことに成功。生徒会で中心的役割を担っていたのが「副会長」の徳勝龍だった。

 狩野校長は「人柄が素晴らしい。生徒会役員は選挙で選ばれます。投票だったと思います。垂れ幕をつくったりしていました」と20年前の出来事を振り返った。

 思えば今回の優勝も貴闘力以来、20年ぶりの幕尻V。今度は自分が主役となって後輩たちに勇気と希望を与えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ