トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

照ノ富士が6連勝 十両優勝争い単独トップ「今の自分がどこまで通用するか試したい」

2020年1月17日 20時18分

美ノ海(手前)を攻める照ノ富士

写真

◇17日 大相撲初場所6日目(両国国技館)照ノ富士○(寄り倒し)●美ノ海

 2横綱が休場し、大関も1982(昭和57)年の初場所以来、38年ぶりに1人となるやもしれぬ世代交代の波を、照ノ富士は気にもしない。「今の自分がどこまで通用するか試したい」。幕内優勝の経験がある元大関は序二段まで落ち、再び十両へ戻ってきた。挑戦者としてわが道を突き進むだけだ。

 差した右から美ノ海をひっくり返すように寄り倒して6連勝。「冷静に出られたんで、正面に置いて」。十両の優勝争いを単独トップで引っ張っていく。

 けがと病気で番付を下げた。けがの不安は今でも「ありますよ」と話すが、「いつまでも気にしてても。やれるところまでやりますよ」。目標を聞かれても「ない」と受け流す。敵は自分、という感じだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ