トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

新関脇の朝乃山が連勝発進でも「快勝じゃないし、まだ2日目、(相手の)張り手でカッとなったので冷静に取らないといけない」

2020年1月13日 21時30分

朝乃山(左)が送り出しで玉鷲を下す

写真

◇13日 大相撲初場所2日目(両国国技館)

 新関脇の朝乃山が、過去1勝3敗と合口の悪かった玉鷲を送り出し連勝発進。相手得意の突き押しに応戦してから、深く左下手を引いてねじ伏せた。初日の御嶽海戦も含め、苦手の押し相撲対策が実りつつあるが「たまたま」と3度繰り返した後、「(相手の)張り手でカッとなったので、冷静に取らないといけない。快勝じゃないし、まだ2日目です」と気を引き締めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ