トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

炎鵬は正代に敗れ連勝ならず「足がついていかなかった。消極的すぎました。次はもっと相撲になれば」

2020年1月13日 21時27分

炎鵬(左)は上手投げで正代に敗れる

写真

◇13日 大相撲初場所2日目(両国国技館)

 炎鵬は上手投げで正代に敗れた。まわしを取られ、動きを止められてしまい「(相手が)投げるのを待ってた。投げてきたんですけど、足がついていかなかった。流れがつくれなかった」と連勝ならず。それでも、誰よりも大きな歓声をもらい「消極的すぎました。次はもっと相撲になれば」と気持ちを切り替えていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ